世界最小クラス!
見えないDI」
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 

 

 

「見えないDI」とは

 □それは世界最小クラスのディスクリートDI

 
「見えないDI」は
世界最小クラスの高音質ディスクリートDIです!
短いケーブルにしか見えないその姿の 内部には最新の技術をフル投入。
 
プラグ内蔵バッファーアンプを簡易にDI代わりに使うものではなく、
この極小筐体の中には立派なディスクリートDI回路が組み込まれ
ホール・アリーナクラスでも超ノイズレスにピュアな信号を
バランス出力で届けます。
 
 
 
 

□好きな機材や楽器そのものをDI出力化してしまおう!
 

 
「見えないDI」を 
プリアンプのパラアウト、 アンプヘッドのスルーアウト、
ピエゾピックアップに直結、ベースに直結、ピアノやギターに直結することで、
いつもの楽器・機材が優れたDI出力に!
 
 
 
 
 

□直結DIならではの、
スーパーピュアサウンド
 

 
「見えないDI」はプラグ内蔵のため、
「間にシールドケーブルありきのサウンド」とは違う、
これまで聞いたことがないピュアなサウンドを出力します。
これは一般的なDIの質の良し悪しで計れない、
直結DIならではな 特別な能力です。
 
 
コントラバスやギターのピエゾピックアップに直結することで、
直結ならではな情報量豊富なサウンドを
ノイズレスに送り出すことを可能とします。
 
 
エレキも効果抜群。
パッシブDIでは独特の雰囲気はあってもリアルさがなく、
アクティブDIでは明瞭でも平べったく太さが出しにくい。。
そんな悩みを解消する、「明瞭なのに一音一音が太い」サウンドを出力可能!
 
 
 
 
 
 
同様にローズやピアノやギターに直結することでも
アタックの形までしっかり音に表現できるので、
リズムや抑揚のコントロール・表情付けが楽しい演奏を
簡単に実現します。
 
 
 
 
 

□アイディア倍速!2ch並列使いでエフェクトかけ録り!
 

 
  エフェクターからいつもの箱型DIへ接続すれば、
エフェクターを通った音を録音することはもちろんできますよね。
でも、考えてみてください。
普段、ダイレクトな音をDIに使用しながら、
わざわざもうひとつのDI一台をエフェクター専用に使う気は起こらないものです。 それも音の良いDIを。。
 
 
でも「見えないDI」なら。
 
いつものDIからナチュラルな音をch1に録音。
そのDIのスルーアウトからお好きなペダルに接続し、
ペダルのアウトを「見えないDI」で出力、ch2に録音。
 
お持ちの機材が簡単にDI化できてしまうので、
プラグインエフェクト中心な時代でも
お持ちのアナログ機材をガンガン活用し、
良いダイレクトサウンドを別chに録音しながら、
2ch目でいつもより大胆な音作りを模索するのはいかがでしょう。
 
 
 
 
 

□いつものDI代わりにライブで使うならば、
アンプヘッドのスルーアウトをDI化すればOK!

 
従来の箱型DIと違ってスルーアウトがない「見えないDI」。
スルーアウトがないということはアンプから鳴らせない?REC専用? 
いいえ、OKです!
 
ちょっと結線の仕方を工夫するだけで大丈夫です!
例えばアンプヘッドをよく見るとチューナーアウトやスルーアウト
が備わっていますよね。そのアウトに「見えないDI」を接続すれば、
アンプで音を出しながらもPAヘ優れたディスクリートDI出力からサウンドを送り出せるということです。
 
 
 
 
 
 

□メインDIを予期せぬトラブルで壊さないために。
常に持ち歩けるプランBにも

 

対バンが多い日、初めての箱、
他楽器のDIやコンデンサーマイク利用がわかっている時。。
 
あなたがしっかりしていても、
現場では予期せぬ勘違い・トラブルが起こることがあります。
そのトラブルとはファンタム電源をかけてはいかえない仕様のDIに、
ファンタム電源を誤って流してしまうトラブルです。
 
これは悲しいことに大切なメインDIが破損する要因になります。
 
できればいつでもメインのDIを使いたいものですが、
「今日はやめておこう」と素早く判断し、
あえて安心なファンタムで動作させる「見えないDI」を使うようにする。
 
2台目を持ち歩いてることを忘れるほどの大きさ、軽さ、形状。
そしてそれらを裏切る高音質。
これは色々な場所でライブするバンドマンのための
賢いプランBのアイディアとなるでしょう。
 
 
 

 □それは世界最小クラスのディスクリートDI

 
「見えないDI」は 世界最小クラスの高音質ディスクリートDIです!
短いケーブルにしか見えないその姿の 内部には最新の技術をフル投入。
 
プラグ内蔵バッファーアンプを簡易にDI代わりに使うものではなく、 この極小筐体の中には立派なディスクリートDI回路が組み込まれ ホール・アリーナクラスでも超ノイズレスにピュアな信号を バランス出力で届けます。
 
 
 
 

□好きな機材や楽器そのものをDI出力化してしまおう!
 

 
「見えないDI」を  プリアンプのパラアウト、 アンプヘッドのスルーアウト、 ピエゾピックアップに直結、ベースに直結、ピアノやギターに直結することで、 いつもの楽器・機材が優れたDI出力に!
 
 
 
 
 

□直結DIならではの、スーパーピュアサウンド
 

 
「見えないDI」はプラグ内蔵のため、 「間にシールドケーブルありきのサウンド」とは違う、 これまで聞いたことがないピュアなサウンドを出力します。
これは一般的なDIの質の良し悪しで計れない、 直結DIならではな 特別な能力です。
 
 
コントラバスやギターのピエゾピックアップに直結することで、 直結ならではな情報量豊富なサウンドを ノイズレスに送り出すことを可能とします。
 
 
エレキも効果抜群。
パッシブDIでは独特の雰囲気はあってもリアルさがなく、 アクティブDIでは明瞭でも平べったく太さが出しにくい。。 そんな悩みを解消する、「明瞭なのに一音一音が太い」サウンドを出力可能!
 
 
 
 
 
 
同様にローズやピアノやギターに直結することでも アタックの形までしっかり音に表現できるので、 リズムや抑揚のコントロール・表情付けが楽しい演奏を 簡単に実現します。
 
 
 
 
 

□アイディア倍速!2ch並列使いでエフェクトかけ録り!
 

 
  エフェクターからいつもの箱型DIへ接続すれば、 エフェクターを通った音を録音することはもちろんできますよね。 でも、考えてみてください。 普段、ダイレクトな音をDIに使用しながら、 わざわざもうひとつのDI一台をエフェクター専用に使う気は起こらないものです。 それも音の良いDIを。。
 
 
でも「見えないDI」なら。
 
いつものDIからナチュラルな音をch1に録音。 そのDIのスルーアウトからお好きなペダルに接続し、 ペダルのアウトを「見えないDI」で出力、ch2に録音。
 
お持ちの機材が簡単にDI化できてしまうので、 プラグインエフェクト中心な時代でも お持ちのアナログ機材をガンガン活用し、 良いダイレクトサウンドを別chに録音しながら、 2ch目でいつもより大胆な音作りを模索するのはいかがでしょう。
 
 
 
 
 

□いつものDI代わりにライブで使うならば、
アンプヘッドのスルーアウトをDI化すればOK!

 
従来の箱型DIと違ってスルーアウトがない「見えないDI」。 スルーアウトがないということはアンプから鳴らせない?REC専用?  いいえ、OKです!
 
ちょっと結線の仕方を工夫するだけで大丈夫です! 例えばアンプヘッドをよく見るとチューナーアウトやスルーアウト が備わっていますよね。そのアウトに「見えないDI」を接続すれば、 アンプで音を出しながらもPAヘ優れたディスクリートDI出力からサウンドを送り出せるということです。
 
 
 
 
 
 

□メインDIを予期せぬトラブルで壊さないために。常に持ち歩けるプランBにも

 

対バンが多い日、初めての箱、 他楽器のDIやコンデンサーマイク利用がわかっている時。。
 
あなたがしっかりしていても、 現場では予期せぬ勘違い・トラブルが起こることがあります。 そのトラブルとはファンタム電源をかけてはいかえない仕様のDIに、 ファンタム電源を誤って流してしまうトラブルです。
 
これは悲しいことに大切なメインDIが破損する要因になります。
 
できればいつでもメインのDIを使いたいものですが、 「今日はやめておこう」と素早く判断し、 あえて安心なファンタムで動作させる「見えないDI」を使うようにする。
 
2台目を持ち歩いてることを忘れるほどの大きさ、軽さ、形状。 そしてそれらを裏切る高音質。 これは色々な場所でライブするバンドマンのための 賢いプランBのアイディアとなるでしょう。
 
 
 

使い方

 
とにかく言われなければ決して「DI」には見えないルックス。
小さい・軽い・嵩張らない、そしてそれなのにちゃんと音も良い!
 
 
 例えばベースをレコーディング。
えいや!と楽器直!
 
 
 
 
 
いつもどおり、DIにマイクケーブルを接続。
オーディオインターフェースのマイク入力に接続します。
 
 
「見えないDI」は48Vファンタム電源で動作します。
接続したらファンタム電源をオンにします。
そしてゲインを軽く調節して、いざ録音!
これでバッチリです。
 
 
 
とにかく言われなければ決して「DI」には見えないルックス。 小さい・軽い・嵩張らない、そしてそれなのにちゃんと音も良い。
 
 
 例えばベースをレコーディング。 えいや!と楽器直。
 
 
 
 
いつもどおり、DIにマイクケーブルを接続。 オーディオインターフェースのマイク入力に接続します。
 
 
「見えないDI」は48Vファンタム電源で動作します。 接続したらファンタム電源をオンにします。 そしてゲインを軽く調節して、いざ録音! これでバッチリです。
 
 

見えないDI

 
 
 
 

 
「見えないDI」
2ndロット受付のお知らせ!
 

 
「見えないDI」
2ndロット受付のお知らせ!
 
 

 

 

あなたはこんなことに困っていませんでしたか?

 

・長年使える良いDIが欲しいけれど、一番欲しい機種は今は手が届かない。。かといって手頃なDIに手を出すと 飽きたりして すぐ手放しそうで勿体ないから欲しくない。毎日録音してるし、本当はすぐにでもDI、使いたい!
 
 
・DI・ライン音って難しい。パッシブDIは独特の太さを感じるけれども躍動感がなく、ライブでは環境を選ぶ感じが強くて使いづらいことも多いし、アクティブDIはレンジ感の恩恵なんかよりも平べったい音像・ラインくささの方が気になり、ベースらしい太さが出しにくい。。。 
 
 
・お気に入りのDIを持っているけど、以前ライブに持ち込んだ際に、トラブルで不要なファンタム電源をくらってしまって予期せぬ破損。。。あれから修理して使っているけれど、二度目がないように気をつけないと。。 そこで、ファンタム電源で使える音の良いDIも使い分けできると安心できるんだけど、どうも好きな機種がない。
 
 
・音質にはこだわりたい気持ちは山々だけど、とにかく機材を軽くしたい。でも軽い機材や小さい機材って音質的には微妙なことも多いのが残念なところ。。
 
 
・コントラバスらしさをもっと引き出したい!けれども、ピックアップからのサウンド、どうも良い音にならないんだよなぁ。なにかコツがあるのかなぁ。機材を変えるべきなのかなぁ。
 
 
・コントラバス用ピックアップ SUN/SUN mk2をもっとノイズレスに音量増幅できる方法があったら使いやすいんだけどなぁ
 
 
 

わかります。。ラインの音って些細な部分が大事で難しいんです。

 
ラインの音ってどう頑張ってもアンプで鳴らすのとやっぱり違って、弾いていて楽しくなかったり、好きか嫌いかの二択だったら「嫌い」と答えたい人も多くなりがち。そんなラインの音ともっともっと、うまく向き合えたら。
 
 
そこで私達は考えました。
流石にフラグシップモデルのDI のように緻密さ、極上の自然さまでは求めないとしても、一般的なDIよりも弾くのがずっと楽しく、タッチが音に出てくれることや、明瞭なのにちゃんと太さを感じられる音を出すことは実現できないだろうか?と。
 
 
そこで見つけた方法は、
普通の箱型DIの概念を覆すことでした。
 

 
 

直結の魅力

「アンプ直」とはよくいいますが、プラグ内に回路を入れたほどの直結は普段経験できないようなピュアサウンドを引き出します。これは普通の箱型DIを上質に作っていくこととは方向性の違う、唯一無二の魅力です。
 
ケーブル分のロスがないことでアクティブベースでもしっかり良さを体感することができますが、ピエゾピックアップやパッシブ楽器にはもっと威力を発揮します。
 
この魅力を最新技術によるディスクリートDI回路が組み合わさることで、音にこだわりたいベーシスト・ミュージシャンが1台目、2台目のDIとして、いつも持ち歩きたくなる魅力的なDIに仕上がったのです。
 
「見えないDI」はジャンボプラグが刺さる楽器で、ファンタム電源が使える環境ならばOKです!!
 
 

 「見えないDI」であなたが得るもの

 

・エレキベースをはじめ、楽器に直結することでオリジナルのディスクリート回路が「音のアタックの動きをこれまでよりリアルに音にしてくれる」ので、アクティブらしく明瞭でありながら、これまでのアクティブDIより太い音を出しやすい。そのためフィール良く演奏を楽しむことができるようになるでしょう。
 
・コントラバスなど楽器に直結することで、足元のプリアンプまでシールドを伸ばした時よりもS/Nよく レンジも広く表現できるため、よりピックアップの拾っているピュアなサウンドをロスなく届けることができるようになるでしょう。
 
・好きな機材を気軽にDI出力化できるので、新しいサウンドを模索しやすい!
 
・メインDIを使いたくない現場やメインDIが不調な時にも頼れるプランBとして、安心してのぞむことができるでしょう。
 
 
 

 気になる価格…

 

たくさんの可能性をもった 見えないDI。
その気になる価格ですが、、、
 
参考までに、Vintage Faceの機能をほとんど持たない、
シンプルで音の良いDIを振りかえって見てましょう。
 
Vintage Faceをプロ現場を中心に広げるきっかけになったM-DIが
さらに進化したM-DI mk2。こちらは¥120,000-でした。
 
そのM-DIが行き着いた究極の進化形 MONOSASHI higherが
現在¥147,000-です。
 
  
見えないDIはM-DI mk2やMONOSAHI higherに比べて、
さらにシンプルです。
 
これらのDIのように独自の電源回路も持っていませんし、ラインレベルへ増幅するためのHA回路も持っていません。
 
 
仮に半額ならば、6~ 70,000-程度でしょうか。。
 
 
 
いいえ!
 
見えないDIは最新設計で
素晴らしいポテンシャルを持っていながらも
その半額の半額。
 
¥35,000-でのご提供です!
 
 

スペシャルオファーを用意しました!

その1、専用セミハードケースをプレゼント!!
 

 
ファーストロットで大好評だったセミハードケース。セカンドロットでもご期待に答え、継続が決定、もれなくプレゼント致します!
見えないDIはケーブル状の形のためケースがなくても不便しませんが、大切な機材ゆえ、より安心して持ち運び頂くことができるでしょう。
 
 
 
その2、オンライン直販限定!
到着後数日以内なら安心の100パーセント返金保障!
 
あなたはこんな不安をお持ちではないでしょうか?
・Vintage Faceの機材って初めて。。
・試演奏できないから変わった形状の直結DIって良い音なのか心配。。
・うちの機材でもちゃんと動作するのか不安
 
確かにまだまだレビューがない新製品で、かつ一般的な形状ではない斬新な製品ゆえ、
期待と不安が入り混じっているのもわかります。。
 
そこで、少しでも不安を除いて頂けるように
私たちも挑戦させて頂くことにしました。
 
製品お届け後3日以内のご連絡頂くことを条件に、
万が一使いたかった環境で動作しなくて使えなくてショック。
直結DIの音の良さを感じられなくてガッカリ。
などの理由でどうしてもご満足頂けなかった場合、
返品を条件に全額ご返金致します。
 
※ただし傷や汚れなどをつけていない状態のものに限ります
 
これならあなたにはリスクが少なく、新しい製品を安心して挑戦頂けるのではないでしょうか??
 
 
ただし、セカンドロットは1/23(水)までのお申し込み分まで
締め切り致します。ご注意ください。
 

お届け時期は?

 
現在のオーダーで2月下旬ごろのお届け予定になります。

ただし納期は制作状況で変動するため、オーダー状況によっては押してしまう可能性はございます。少人数体制での運営で最大限努力させて頂きますが、納期の変動はあらかじめご理解頂けますようお願い致します。
 
 

デザインについて

4色から選べます!
クリアー、シルバー、ゴールド、そしてコッパーの4色です。
カラーは基本的にオーダー頂いた後ご希望を確認致しますが、オーダー時にカラーが決まっているようでしたら、オーダー時の備考欄にコメントください。
 
 
参考画像
※製品版はクリアーの写真と同じように、ジャック部にロゴ付きでチューブが付きますが、以下の画像ではシルバー・ゴールドにはチューブがついていない状態での参考撮影になります。
 
クリアー

 
 
 
シルバー

 
 
 
ゴールド

 
 
 
コッパー ※新色のためサンプル画像少なめです

 
 
 
もっと枚数多めにオーダーするカラーをチェックされたい方は以下のカラーガイドをご覧ください!
※こちらには新色のコッパーのサンプルは含まれておりません
mienaidi-color-guide.pdf
 
 
 
見えないDI セカンドロットのお申し込みは
1/23(水)までです!
 

オーダーに関するQ&A

オーダーに関するQ&A

 
Q、どんなお支払い方法に対応していますか?

 
銀行振込、
Paypal決済(クレジットカード可)の2種類に対応しております。
 
まずカートに入れて頂いたのち、
カートでは銀行振込かPaypal払いかをお選び頂く形になります
 
 
 

 Q、クレジットカード決済について分割払いはできますか?

 
システム上ではPaypalも一括払いのみ選択可能のサービスで、分割払いには対応しておりません。
しかし、お客様のクレジットカードが決済完了後に「後から」分割払いに変更可能なサービスを受け付けている場合、そのようなサービスをお客様がご活用頂くことで任意のお支払い方法に変更頂くことも可能になってきますので、あらかじめご確認の上ご利用ください。
 
 

Q、お支払いから受け取りまでの流れ・納期など

 
まずモデルを選び、カートに入れて決済をして頂きます。
「見えないDI」は通常 3週間程度の納期で発送予定です。
現在のおおよその目安として2月下旬ごろの予定です。
 


 
Q、どんなお支払い方法に対応していますか?

 
銀行振込、
Paypal決済(クレジットカード可)の2種類に対応しております。
 
まずカートに入れて頂いたのち、
銀行振込かPaypal払いかをお選び頂く形になります
 
 
 

 Q、クレジットカード決済について分割払いはできますか?

 
システム上ではPaypalも一括払いのみ選択可能のサービスで、分割払いには対応しておりません。
しかし、お客様のクレジットカードが決済完了後に「後から」分割払いに変更可能なサービスを受け付けている場合、そのようなサービスをお客様がご活用頂くことで任意のお支払い方法に変更頂くことも可能になってきますので、あらかじめご確認の上ご利用ください。
 
 

Q、お支払いから受け取りまでの流れ・納期など

 
まずモデルを選び、カートに入れて決済をして頂きます。
見えないDIは通常 3週間程度の納期で発送予定で、現在のところ、お届け予定は2月下旬ごろの予定となっております。オーダー状況次第では納期は伸びることがございます、あらかじめご了承くださいませ。
 


「見えないDI」のオーダーはこちらから!